FC2ブログ

つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ツバメ:抱卵開始まで

 桜の開花予想が話題になる3月後半になると、今年もツバメがやって来ました。

01_2018050710291376b.jpg
たった一羽で川面を飛び回っています。
02_201805071029145a7.jpg
いつも夫婦一緒に到着するものと思い込んでいたのですが、何らかの理由で相方の到着が遅れているのでしょうか?
03_20180507102916427.jpg
ツバメの水浴びは、多くの野鳥とは異なり、飛びながら行われます。
04_2018050710291715f.jpg
やっと画面に収められた着水の瞬間。
05_20180507102918b52.jpg
ツバメは夫婦の絆が強いようで、別のツバメが巣作りを始めても相方の到着を待ち続けているようです。
06_201805071030096b7.jpg
ソメイヨシノの満開が終わった頃、二羽のツバメが電線にとまっています。 相方がやっと到着したのか、それとも諦めて新しい相方を見つけたのか? 真偽のほどは判りませんが、今年の繁殖の態勢は整ったようです。
07_20180507103011c93.jpg
さっそく巣作りに着手しました。 巣作りといっても、去年使ったものを修理するだけなので、それほどの日時は要しない筈です。
08_20180507103013eef.jpg
材料は壁土になる泥と補強材になる繊維質、そして内装材となるクッション材といったところでしょう。
09_20180507103015569.jpg

10_201805071030156e3.jpg

11_2018050711003191e.jpg
近くに河原がない場所でも、材料には事欠きません。
12_20180507110033ee2.jpg
こうして巣作りは佳境に入ったかに見えました。
13_20180507110034266.jpg
電線で休んでいるメスにオスが後ろから近づきます。 待望の交尾と思ったのですが、
14.jpg
寸前で方向変換。 まだメスに受け入れ態勢が整っていなかったのでしょうか? 真相は判る筈もありませんが、私の中では交尾未遂事件としておきます。
15.jpg
それからまた半月ほどの空白が出来てしまいました。 ゴールデンウィークが始まる頃になって、再び巣にツバメの姿が戻ってきました。 巣には二羽の姿が揃っています。 暗くて天井が低いので何をしているのか判りづらいのですが、交尾でしょうか???
16.jpg
翌日から巣にはツバメの姿が観られますので、いよいよ抱卵が始まったようです。


スポンサーサイト
  1. 2018/05/07(月) 11:25:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シジュウカラ:巣立ちのミステリー | ホーム | 真夏日直前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/720-b8548ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (515)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR