つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ヒナ誕生:アオサギ

 ここ数年、サギのコロニーなどに通って、子育ての様子を観察してきました。 しかし観察場所の制約条件から、卵や孵化間もないヒナの様子は観察できません。 この周辺で観られるサギ類はお椀状の巣を作るので、これらを観察したければ、上から覗き込めるような場所が必要になります。 そういう幸運に恵まれない限りこれ以上の進展は不可能だろうと半ば諦めていました。
 よく出かける池でも、毎年アオサギやゴイサギは子育てを行いますが、私が望むような条件には程遠い場所です。 今年は比較的近い場所で営巣を始めたことは知っていましたが、あまり期待できるほどでもありません。

3月13日: アオサギの巣作りをぼんやりと眺めていると、仲睦まじいカップルの様子にいつもと違う雰囲気を感じ、反射的にカメラを構えました。

アオサギ01
予想通りにカップルは交尾を始めました。
アオサギ02
体が大きいので、アオサギの交尾は豪快です。
アオサギ03
体力に自信があるからなのでしょうが、天敵や人目を気にすることもなく終了します。

アオサギ04
その後、抱卵の日々が続きます。

4/9: 周辺では新緑が始まった木々もありますが、巣の周辺はまだ見通しの良いままです。 池を一周していると知人がアオサギの孵化が始まったと教えてくれました。 撮影画像にも明らかにヒナと思われる姿が映っています。 喜び勇んで巣に駆け付けました。

アオサギ05
親鳥は抱卵姿勢ではなく立ち上がっていますが、目を凝らしてもヒナの姿は見つかりません。 巣の中に寝そべっていれば、巣の壁にさえぎられて姿は観られないでしょう。 首を持ち上げたりするわずかな瞬間を捉えない限り無理だと判断しました。 数日経てば少しは体も大きくなり動きも活発になるでしょう。 

4月13日: 天候の関係もありこの日になってしまいました。 まだ外見は孵化直後と大きな変化はないでしょう。

アオサギ06
まだヒナのサイズは小さく、動作も鈍いようです。 しょっちゅう眠っていると言いたくなるような状態です。 餌を確保する為に出かけている片親が帰って来た時がチャンスだと信じて待ちました。 やっと帰ってきました。 (ヒナはちゃんと下側に映っています。 目を凝らすと黄色い目玉が見えると思います。)
アオサギ07
何とか捉えた待望のヒナの姿。 孵化後4日~一週間以内と想像されます。
アオサギ08
可愛いというべきかどうか?
アオサギ09
まだ夢幻の境地にあるようで、せわしなく動き回ることもなければ、激しく餌をねだることもありません。
アオサギ10
巣の内部もミドリガメに占領されている始末です。 親鳥も大事な子供に危害を与えない限り大目に見ているようです。(ひょっとして、ヒナの保温材に利用している???)



4月16日: もう少し子供らしく元気に動き回る姿が観たくて再訪してみました。

アオサギ51
三日前と比べると、躰はずいぶん大きくなりました。
アオサギ52

アオサギ53
しかし体型や印象は一変したとも言えません。
アオサギ54

アオサギ55
強いて言えば、二羽が揃って目を開けている時間が伸びたという感じで、立ち上がって歩くという姿は、あまり見かけません。
アオサギ56

アオサギ57
ヒナは二羽という前提で書いてきましたが、撮影中も三羽いるんじゃないかと感じさせる瞬間がありました。 撮影した写真を調べても、はっきりと断言できるものは見当たりません。
アオサギ58
いずれ判明することでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/17(火) 17:46:47|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キョウジョシギ | ホーム | 駆け抜ける春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/716-95b8e712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (504)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR