FC2ブログ

つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

カモたちの喧騒

 私が通っている池は愛知県の農工業用水の水源になっているので、水不足に備えて水位は高めに保つ傾向があります。 今年は例年に比べてずいぶん高めに保たれてきました。 これは潜水をほとんどしないマガモ属のカモたちにとっては餌を確保できる面積が小さくなることを意味しますので、この冬のカモたちの集まりは明らかに低調でした。 それでも年が明けるとマガモ属のカモたちも徐々に集まってきて、それなりに賑やかになってきました。 
 こうして二月上旬までは賑やかな日々が続きました。 その後、暖かな日が続いていましたが、久しぶりに訪れてみて驚きました。 カモたちの姿が激減しているのです。 どうやらカモたちが越冬地を訪れた最大の目的であるパートナー探しはほぼ終わってしまったようです。 暖かな季節の訪れを感じ取って、北に帰る準備に入ったのでしょう。

<マガモ>

kensoi01.jpg
マガモ属のカモはほぼグループで集まって、派手な集団求愛行動をするようです。 ディスプレイの動作も、これまで何度か紹介してきたコガモと似通っています。
kensoi02.jpg

kensoi03.jpg

kensoi04.jpg

kensoi05.jpg
オス同士の小競り合いもつきものです。

<オナガガモ>

kensoi06.jpg
お祭りに乗り遅れまいと慌てて駆け付けるカモたち。
kensoi07.jpg

kensoi08.jpg





<ヨシガモ>

kensou21.jpg
美しいオスが多いマガモ属の中でも、ひときわ印象に残るヨシガモですが、性格は荒っぽいようで、乱闘騒ぎが目立ちます。
kensou22.jpg

kensou23.jpg

kensou24.jpg

kensou25.jpg

kensou26.jpg

<オカヨシガモ>

kensou27.jpg
派手さには欠けますが、上品さを感じさせるオカヨシガモ。 日本への渡来数が少ないせいか、グループ内でのライバルも多くならないようです。 それが影響してか派手な乱闘もあまり見かけません。
kensou28.jpg

kensou29.jpg

 例年ならば飛来数もトップクラスだったヒドリガモが、この付近では今年は少なく感じました。 今年だけならばいいのですが、いささか気になります。
 同じマガモ属でもハシビロガモは少し毛色が違います。 植物食傾向といってもプランクトンなどの微小な生物を大きな嘴で水と共に掬い取りろ過して食べます。 求愛行動もメスを囲んでこの行動を行い、メスに与えようとします。 要するに求愛給餌です。 メスは気に入ったオスからそれを受け取ります。 これでペア成立ということになります。 嘴と嘴を合わせるようなので、このキスシーンを撮ってやろうと目を凝らしたのですが、遠いし混雑しているので、さっぱり判りませんでした。 どうやらゴシップ記者には私は向いていないようです。(笑)



スポンサーサイト
  1. 2018/03/07(水) 17:40:11|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タシギの水浴び | ホーム | ミサゴの季節終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/709-1b791339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (512)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR