FC2ブログ

つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ヒレンジャク2018

 なんとなくここへ行けば毎年レンジャクが観られるだろうと思い込んでいた太田宿ですが、初めて訪れたのが三年前になってしまいました。 このところ近郊でもパッとした目撃情報も入って来ません。 やっと三年ぶりにヒレンジャクが訪れたという情報は知っていたのですが、せっかくだからキレンジャクが現れてからにしようと時期を窺っていました。 少し前からキレンジャクが来たようですが、その後増える様子も見えません。 キレンジャク二羽だけでは逢えない可能性が強そうな気もしますが、ヒレンジャクも三年ぶりということになるので、重い腰を上げることにしました。

ヒレンジャク01 (1)
今年も榎の大木にヒレンジャクがやって来ているようです。 この時期、エノキの葉は散ってしまっているので、緑色は寄生しているヤドリギということになります。
ヒレンジャク01 (2)
ヒレンジャクはすぐに見つかりました。
ヒレンジャク01 (3)

ヒレンジャク01 (4)

ヒレンジャク01 (5)

ヒレンジャク01 (6)
ヤドリギは果実に膠質の物質を含むため、これを食べたヒレンジャクの糞はご覧のような状態になります。 地面に落ちる前にこれが枝などにくっつき、発芽させるというのがヤドリギの陰謀です。






ヒレンジャク21 (1)
これがヒレンジャクの大好物である黄色く熟したヤドリギの実です。
ヒレンジャク21 (2)
盛んに実を啄んでいるのですが、外側にある実はあらかた食べてしまったようで、頭や体を奥に突っ込んでいるので、イメージしていたポーズはなかなか見られません。 少し訪問時期が遅かったようです。
ヒレンジャク21 (3)

ヒレンジャク21 (4)

ヒレンジャク21 (5)
このポーズを横側から撮影したかったのですが・・・。 自然は人間の都合を聞いてはくれません。 それゆえ面白いのですが…。
ヒレンジャク21 (6)



スポンサーサイト
  1. 2018/02/21(水) 21:41:24|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アリスイの採餌 | ホーム | ヒレンジャク2018(続き)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/704-c6cce612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (523)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR