FC2ブログ

つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ハイブリッドカモ

 よく出かける池で目の黄色いホシハジロが出たという噂が入ってきた。 どうせ個体差かアルビノの類だろうとあまり気にしていなかったのだが、ついでなので立ち寄ってみようと、その場所に向かった。 運よくそこで知人に出会った。 彼はすぐに見つけてくれた。
 彼が言うのには、ホシハジロとメジロガモのハイブリッド(雑種)だと思われるという。 そう言われても私にはメジロガモという名前すら初耳である。 しかし見慣れたホシハジロとはかなり違う。 全体の色彩は黒っぽいし、魚を盛んに捕らえる。 とりあえず撮影しておいて帰宅後にネットで調べてみよう。
 メジロガモは各地で稀に観測される、いわば迷鳥らしい。 ホシハジロと同じくカモ科ハジロ属に分類される。 オスは虹彩が白く、メスは虹彩が褐色である。 その意味ではこれはオスと考えたいところだが、雑種なので断定するのは控えておこう。

 ハイブリッドという言葉は、最近ではハイブリッドカーなどの工学的な分野でよく使用されているが、元々は生物学的な用語で、種や品種が異なる植物や動物から生まれた子孫を指していたようだ。

ハイブリッド01
ハイブリッド発見! 求愛にやって来たミコアイサと一緒に。
ハイブリッド02
こちらはオオバンと共に。 潜水性の水鳥が多いようだ。
ハイブリッド03
同属のハジロ属のカモとよく似ているが、違いもくっきり。
ハイブリッド04

ハイブリッド05

ハイブリッド06
盛んに潜水を繰り返す。
ハイブリッド07
獲物をゲットしたが油断すると・・・・。
ハイブリッド08
オオバンが横取りしようと突進してくる。




ハイブリッド21
ここのカモは魚を捕らえるのがうまい。 瞬く間に二匹をゲットした。
ハイブリッド22
オオバンが追いかけたが、無事に逃げ切ったようだ。

ハイブリッド23
ここから近い場所にホシハジロが居ついている。 こちらはホシハジロのオス。
ハイブリッド24
こちらはメス。 ここのホシハジロも時折魚を捕らえたのを目撃している。
ハイブリッド25
ホシハジロもメジロガモも、共に植物食傾向が強い雑食と書かれている。 私自身はここ以外でホシハジロが魚を捕らえた姿を観たことがなかったので驚いたが、その環境の条件次第で確保しやすい餌も変化するというだけのことなのだろう。
ハイブリッド26
オオバンが水草に絡まった魚を引っ張り出している。 自力で確保したのか、ホシハジロから奪ったのか?
ハイブリッド27
例によって、別のオオバンがそれを横取りしようと狙っている。 賑やかな食事は延々と続く。 観ている分には退屈しない楽しい場所だ。


スポンサーサイト
  1. 2018/02/03(土) 20:44:52|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミコアイサ:越冬地の暮らし | ホーム | 初冠雪の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/700-149bcbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (523)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR