つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

不可思議な行動

 対岸の小枝にカワセミがとまる姿が目に入った。 何かがキラキラしている。 おそらく魚を捕らえたのだろう。 カメラを構えてズームアップしてみる。

カワセミ01 (1)
やはり、かなりの大物を捕らえたようだ。 飲み込むのに苦労しているようだ。
カワセミ01 (2)

カワセミ01 (3)

カワセミ01 (4)

カワセミ01 (5)
暫くして、魚を縦方向に銜え直したようだ。 これで飲み込みやすくなったようだ。 ??? 何かおかしい。 銜える方向が逆になっている。 自分で食べるのであれば、逆に銜えなければ、ヒレや鱗が引っかかってしまう。 こんな銜え方をするのは、求愛給餌の為くらいじゃあないのか? しかし、いかになんでも時期的に早すぎるだろう。 ヒナに餌を与える時もこういう銜え方をするようにも思われるが、いずれにしろ自分が食べるのではなさそうだ。





カワセミ21 (1)
あとで写真を整理していて気付いたのだが、このカワセミは下側の嘴が赤い。 つまりメスである。 求愛給餌はオスがメスに対して行うプロポーズの儀式と解釈されている。 ?????? 謎は深まるばかりである。
カワセミ21 (2)

カワセミ21 (3)

結局、このカワセミは魚を銜えたまま、上流側に飛び去った(様に見える)。 私は合理的な説明を思い浮かべることが出来ない。 師走の幻…。

スポンサーサイト
  1. 2017/12/25(月) 16:31:56|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新春2018 | ホーム | ツクシガモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/695-234e0f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (504)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR