つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ノビタキ躍る

 先日取り上げたばかりのノビタキですが、一週間もすると4羽ほどに増えて河原を飛び回っています。 これまでの経験から数を増やすのにもう少しかかると思っていたので、これはうれしい誤算でした。 これで暫くの間はここにとどまってくれると安心していたのですが、その後長雨が続き、台風21号の襲来という予定外のおまけまでついてしまいました。 やっと晴れ間が戻ったのでさっそくカメラを持って訪れたのですが、その後目撃情報がありません。 台風に連れ去られるとは…トホホ・・・。 やはり一期一会の出会いですから、撮れる時に粘っておくべきだった・・・と後悔しきりです。
 ノビタキのオスとメスは夏羽では一目瞭然ですが、冬羽になってもオスの顔面の黒っぽさは残るので、見分けに苦労することはありません。

ノビタキオス01 (1)
冬羽のオス。
ノビタキオス01 (2)
幼虫を捕らえたオス。 ノビタキは雑食ですが、昆虫を最も好むようです。 この辺りではセイタカアワダチソウが実になる頃に現れることが多いので、ついつい油断していたのが失敗の原因でした。 まだまだ抜けてしまったとは限らないので、再び現れるかもしれませんが…。
ノビタキオス01 (3)

ノビタキオス01 (4)

ノビタキオス01 (5)

ノビタキオス01 (6)

ノビタキオス01 (7)

ノビタキオス01 (8)

ノビタキオス01 (9)

ノビタキオス01 (10)





ノビタキメス01 (1)
メスは顔面の色が薄く、優しい印象になります。
ノビタキメス01 (2)

ノビタキメス01 (3)

ノビタキメス01 (4)

ノビタキメス01 (5)

ノビタキメス01 (6)

ノビタキメス01 (7)

ノビタキメス01 (8)

ノビタキメス01 (9)


スポンサーサイト
  1. 2017/10/27(金) 21:02:07|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏鳥が去る季節Ⅱ | ホーム | カワセミ2017>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/681-3ffc7fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR