つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

イカルチドリ

 私の散歩道では、数は多くないのですが、夏季にはコチドリが、冬季にはイカルチドリが、ほぼ確実に観られます。 コチドリは繁殖のために海を越えてやってきているのですが、今年はついに巣の場所もヒナの姿も見つけることが出来ませんでした。 一方イカルチドリは繁殖シーズンが始まる頃になると、姿を見かけなくなります。 おそらくもう少し山間部の方に移動して、子育てを行っているのでしょう。 コチドリとイカルチドリは外見的に酷似しているので、肉眼で見分けることはなかなか困難です。 私なんぞは、時期で判断して、この時期はコチドリだ。そろそろイカルが来る頃だと先入観で観てしまう傾向が強いので、秋が来たら入れ替わるはずだからその時期になったら、しっかり写真を撮ろうなどと構えていたものです。 ところが去年、その秋というのは人間の感覚で言えば夏であるらしいことに、やっと気づきました。 素直に考えてみれば、子供を独立させれば、役割は終わったわけですから、さっさと冬羽に換羽して、冬を過ごす場所に移動すればいいわけです。 平地部で野鳥を追いかける人間にとって、夏というのは被写体の少ない暇な時期なので、今年は汗を流しながら、コチドリとイカルチドリの入れ替わりを追いかけることにしました。

イカルチドリ01
私がイカルチドリに初めて気づいたのは7月の初旬でした。 まだオデコはかなり黒く、印象的には夏羽です。

この頃はまだコチドリの方が多いように感じたので、両方が絡んだ面白い写真を撮りたいと欲を出していました。 そしてコガモやササゴイの幼鳥に気を取られている間に、気づけばコチドリの姿は消えていました。 渡り鳥なので、集団行動に移ったのでしょうか? いずれにしろ、繁殖シーズンの後では、テリトリー争いとか求愛といった派手なシーンはあまり期待できそうにもありません。 イカルチドリの最近の様子を紹介しておきましょう。 額の黒い色はほぼ消えて、冬羽と言えそうな姿に変身しています。

イカルチドリ02
このところ、二羽で仲良く水浴びをする姿をよく観かけます。 夫婦と感じてしまいますが、イカルチドリは越冬期には小さな群れを作るのが普通のようで、一生夫婦で過ごすというような記事も見当たりません。 真相は判りませんが、ともかくこの二羽は気が合うようです。
イカルチドリ03

イカルチドリ04

イカルチドリ05

イカルチドリ06
小さいうえに動きが素早いので、なかなか撮れなかった飛翔シーンですが、水浴びから陸上に戻るときがねらい目です。
イカルチドリ07

イカルチドリ08






イカルチドリ51

イカルチドリ52

イカルチドリ53

イカルチドリ54

イカルチドリ55
イカルチドリとコチドリの見分け方については、先輩諸氏が色々な記事で紹介されていますが、主なものとしては、①イカルチドリは一回り体が大きい。②目の周りのアイリングが、コチドリは黄色くて太い。要するに目がパッチリとしている。(但し冬羽になると細くなる。幼鳥はそれほどでもない。)③嘴はイカルチドリが長く、形も先端で急に細くなる。などが有名です。
イカルチドリ56
羽繕いが終わると、一羽が飛び立っていきます。 その後、別々に行動することが多いようです。
イカルチドリ57
イカルチドリは、飛ぶと翼に薄い白帯が出ます。 コチドリにはこれがないそうです。


スポンサーサイト
  1. 2017/08/28(月) 00:23:03|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋迫る南知多 | ホーム | カイツブリ:繁殖余話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/673-d5f46673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (487)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR