つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

幼鳥の試練:ササゴイ

 サギ達の子育ても、ほぼ終了したようで、今年も山崎川にササゴイの幼鳥が現れました。

ササゴイ幼鳥01
体の下面に太い褐色の縦縞。一目で幼鳥と気づきます。
ササゴイ幼鳥02
背中も親鳥よりも濃くて黒っぽい褐色です。 ゴイサギにしろ、ササゴイにしろ、幼鳥の方が強くて精悍そうに見えてしまいます。 背中に羽鞘が残っているので、文字通りに巣立ったばかりの幼鳥です。
ササゴイ幼鳥03
その後、暫く姿を見かけない日が続きましたが、数日後、護岸の近くに現れました。 あまりオドオドした様子は感じられません。
ササゴイ幼鳥04
まだ頭上に白い産毛のようなものが残っています。
ササゴイ幼鳥05
おもむろに飛び出すのかと思いましたが・・・・。
ササゴイ幼鳥06
結局、何がしたかったのでしょう?
ササゴイ幼鳥07
この日は本当に暑かったので、水に浸かって長い間ジッとしていました。
ササゴイ幼鳥08
その後、水浴び。
ササゴイ幼鳥09
おもむろに歩き回ったり、
ササゴイ幼鳥10
休憩したり。





ササゴイ幼鳥21
時折、水面に嘴を突っ込んで、餌取りの練習らしきことをやっているのですが、採れるのはせいぜい流されてくるゴミの類だけでしょう。 サギ類は巣立った後は、親は知らん顔のようですから、自力で狩りの方法をマスターするしかなさそうです。
ササゴイ幼鳥22
その深刻さが判っているのか? いないのか?
ササゴイ幼鳥23
まったく苛立っているようにも見えません。 暫くすると、隠れ家にしているらしきヨシ原に潜り込んでいきました。

 一体、食事の方はどうしているのでしょうか? フナムシみたいな小さな虫を採っているという話も聞きますが、なかなかその姿にもお目にかかりません。 この調子では小魚を捕らえるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
 ササゴイの成鳥は、ここに現れるサギ類の中でもトップと言えそうな魚取り名人です。 この日も近くで見事な技を見せていました。

ササゴイ幼鳥24

ササゴイ幼鳥25

 この子も、早くこのような技を身に着けてくれることを祈るばかりです。


スポンサーサイト
  1. 2017/08/08(火) 20:56:14|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カイツブリ:繁殖余話 | ホーム | コガモ:エクリプス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/671-3c1afc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (445)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (26)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR