つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ヒクイナとバンの幼鳥

 夏の間は、平地部では観られる野鳥もわずかです。 先日バンのヒナを見つけた池を再び訪れてみました。 偶然出会った知り合いから、ヒクイナも繁殖していたという話も聞かされました。 もうヒナも大きくなってしまったようですが、まだこの池に留まっているようです。 残念ながら池を一周しても、バンもヒクイナも姿を現してくれません。 当初の予定通りにもう一周して引き上げることにし、先日バンの親子を見つけた場所に戻ると、知り合いが待っていて、つい今しがたヒクイナの影を観たということです。 一緒に暫く粘ってみることにしました。 ・・・・・。 そろそろ諦めようかと考え始めた頃、ついに現れました。

<ヒクイナ>

ヒクイナ01
現れたのはヒクイナの方です。 でも…親の方かな?
ヒクイナ02
何はともあれシャッターを切り続けます。 その内にヒクイナにしては色が薄いような気がしてきました。
ヒクイナ03
育ったヒナの方かも・・・。
ヒクイナ04
幼鳥で間違いなさそうです。 ということは、頑張っていれば親や兄弟が現れるかもしれません。

<バン>

 すると手前の水面から突然バンの親子が現れました。 待望のバンですが、数に押されたのかヒクイナは奥に姿を消してしまいました。 (もう少し撮ってから、現れて欲しかった!)

ヒクイナ05
悠々と上陸するバンのヒナ。
ヒクイナ06
前回の出会いからわずか3日間ですから、それほど大きな変化はありませんが・・・、
ヒクイナ07
白っぽい部分がずいぶん拡がっています。
ヒクイナ08
盛んに幼羽が生え進んでいるのでしょう。
ヒクイナ09

ヒクイナ10
奥の方に目を向けると、もう一方の親鳥が給餌を行っています。
ヒクイナ11
今回確認できたヒナの数は4羽でした。 たぶんこれですべてでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/14(金) 21:13:53|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<身近な野鳥:幼少の頃 | ホーム | バン:ヒナの成長>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/665-60eb14b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR