つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

コアジサシの営巣

 コアジサシはカモメ科アジサシ属の夏鳥で、河口や海岸部で集団繁殖することで知られています。 しかし最近では繁殖場所が減少し、埋め立て地の所有者などの協力を得て、何とか繁殖場所の確保を行っているようです。
 コアジサシはツグミやヒヨドリとほぼ同じ大きさで、広い意味では小型のカモメとされます。 翼と尾羽はツバメのように細く尖っており、スレンダーな印象を与えます。 上空を飛び回りながら狙いをつけ、水面にダイビングして魚を捕らえることでも知られています。
 例年、市内の池などにやってきて漁を行うのですが、今年は姿を現しません。 仕方がないので、少し遠出して、繁殖地を覗いてみました。

コアジサシ01 (1)
あちこちで浅い穴を掘って、卵を産みつけます。
コアジサシ01 (2)
比較的近い場所に番を見つけました。
コアジサシ01 (3)

コアジサシ01 (4)

コアジサシ01 (5)

コアジサシ01 (6)

コアジサシ01 (7)
撮影に夢中になりすぎて近づくと、やはり上空から威嚇されます。
コアジサシ01 (8)
非礼を詫びて、退散しました。 (笑)





コアジサシ21 (1)
少し落ち着いて目が慣れてくると、親鳥の下で何かが動いています。 もしかしてヒナ???
コアジサシ21 (2)
まだ早いだろうと勝手に思い込んでいたのですが、あちこちで孵化が進んでいるようです。 ラッキー!
コアジサシ21 (3)
ヒヨコ体型にまだら模様、石ころに擬態しているのでしょう。
コアジサシ21 (4)
一羽が腹から飛び出して羽ばたいて(???)います。 お世辞抜きにカワイイ~~!!
コアジサシ21 (5)
よく観れば、2~3羽のヒナがもぞもぞしています。
コアジサシ21 (6)

コアジサシ21 (7)
親鳥が巣から何かを銜えてきたと思ったら、卵の殻のようです。 こちらもヒナとよく似たまだら模様です。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/17(土) 21:41:03|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツバメの孵化 | ホーム | ハクセキレイの幼鳥>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/661-7c3a638a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR