つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

オガワコマドリ去る

 山崎川で無事に越冬し、我々を大いに楽しませてくれたオガワコマドリですが、5月5日に突然姿を消しました。 その後3日間、姿を観た人も鳴き声を聞いたという情報も入って来ません。 繁殖地である北の大地に向けての長い旅に出かけたと考えて間違いないでしょう。
 前回、夏羽への換羽の様子を紹介しました (オガワコマドリの換羽) が、それから約半月居てくれたわけです。 せっかくのチャンスなので、私にとっての決定版とも言える見栄えのする写真を狙ってきたのですが、予想通りに現実はそれほど甘くはありませんでした。 いささか恥ずかしい出来ではありますが、オガワコマドリおまけ版をアップしておきます。

オガワコマドリ01
満開になった黄色いカラシナをバックに、水浴びをしてくれました。
オガワコマドリ02
水滴を払うために翼や尾羽を開いてくれるので、チャームポイントの一つである尾羽のオレンジ色の紋章が見えます。 しょっちゅう見ていてもこのオレンジはなかなか見られませんでした。
オガワコマドリ03
まだ水分が残っていますが、ずいぶん綺麗になっています。
オガワコマドリ04

オガワコマドリ05

 ここのオガワコマドリは、ほとんど水の引いた陸上を動き回ります。 河床なので、ここにはガマやヨシが茂っているのですが、新緑の季節を迎えて緑色の茎や葉が茂ってきました。 我々は上から河床を見下ろして撮影するしかないのですが、茎や葉がオガワコマドリを隠してしまうので、冬季に比べて撮影は数倍難しくなってしまいます。

オガワコマドリ06
ガマの葉越しのオガワくん。
オガワコマドリ07
コンクリートブロックの上に乗ってくれた方が嬉しいかも…。
オガワコマドリ08






オガワコマドリ21

オガワコマドリ22
繁殖期が近づいて神経質になってきたのか、寒かったころに比べて、ヨシ原から出てくる回数も、出ている時間もずいぶん短くなってきました。 決定版という意気込みとは裏腹に、無情にも去って行きました。 でも、長い間楽しませてくれてありがとうございました。 来年もお待ちしています!!


スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 07:18:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シラサギの飾り羽 | ホーム | サギの繁殖シーズン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/651-371b33fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR