つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

夏羽へ:オオジュリン

 オオジュリンはホオジロ科ホオジロ属の漂鳥で、夏は北海道・東北で繁殖し、冬には本州以南に移動して越冬します。この地方では冬にしか出会えません。 私の散歩道では、毎年冬になると現れてくれるのですが、ヨシの茂みの下の方に潜り込むので、写真撮影となると、結構てこずらせてくれる鳥です。
 野鳥の世界では、オスが夏と冬では全く別の鳥のように変身するものが多いのですが、オオジュリンもその類の鳥です。 冬羽ではスズメのような褐色の頭だったものが、冬羽では真っ黒になるのです。 夏羽への換羽は春になると始まるので、何とか夏羽の姿をこちらで観てみたいと、私も去年あたりから頑張ってきました。 おかげで夏羽の姿を彷彿とさせる姿までは漕ぎつけましたが、さすがに4月の声が聞こえる頃になると、オオジュリンの姿もめっきり減って来るようです。 残念ながら、目をつけていた頭の黒いオオジュリンの姿を見かけなくなってきました。 もう北へ移動してしまったのかもしれません。 去年までの経験からは、4月に入るとオオジュリンの姿は見当たらなくなるので、この辺りが限界でしょう。

オオジュリン01 (1)
メスは冬羽と夏羽では目立った変化に乏しく、年間を通じて地味な姿をする傾向が強いのですが、オオジュリンも同様です。 オスの頭が黒くなり始めた頃でも、メスは到着時とほとんど変わりない姿をしています。
オオジュリン01 (2)

オオジュリン01 (3)


オオジュリン01 (4)
3月になると、オスの姿に変化が進み、オスとメスの区別が容易になってきます。
オオジュリン01 (5)
冬羽の間でも、オスは喉が黒い斑紋で囲まれるので、喉に注目すれば、比較的容易に区別できるのですが、この黒い部分が徐々に拡大し、目立ってきます。 並行して、頭部も徐々に黒ずんできます。
オオジュリン01 (6)
Wikipediaによると、これは羽毛が生え換わるからではなく、冬羽の赤褐色の部分が摩耗し、より内側の黒い部分が表に現れてくることによるそうです。 つまり我々が目にしているのは、冬羽から夏羽への換羽ではないということになるのでしょうか?
オオジュリン01 (7)
俄かには信じ難かったのですが、黒くなるのにずいぶん時間がかかること、いまだに真っ黒ではなく、いわゆる胡麻塩頭であることも納得できるようにも思われます。
オオジュリン01 (8)

オオジュリン01 (9)
3月も下旬になって、頭部や喉もずいぶん黒っぽくなりました。 この辺りが越冬地で観られる夏羽っぽい限界なのでしょうか?
オオジュリン01 (10)

オオジュリン01 (11)

オオジュリン01 (12)
間もなくオオジュリンたちは繁殖地に向かって旅立っていくものと思われます。 たぶん図鑑などで観られる完全な姿での夏羽というのは観られないものと思われますが、冬羽と夏羽を区別する以上、いずれかの段階で換羽は行われると思います。 この点についてご存知の方があれば、ご教示いただければ幸いです。




スポンサーサイト
  1. 2017/03/31(金) 21:42:32|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年のカワセミ | ホーム | 去る者と来る者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/643-4c55f0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR