つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

猛禽類4種

 ミサゴが頻繁にダイブする時期になると、ミサゴ以外の猛禽類の姿を見かける機会も増えるような気がします。 年が明けてから、ミサゴのいる池で見かけた猛禽類は4種類になりました。 少しずつ猛禽類も手が届く存在になってきたのでしょうか?

 オオタカはタカ科ハイタカ属に分類され、ハト・カモ・ネズミ・ウサギ・オゴジョなどを捕獲する里山の生態系の頂点に位置する存在です。 体長はオスが50㎝、メスが60㎝位で、目立って大きいという程でもありません。

猛禽01
池の畔の樹木にも、時折姿を見せます。 王者に相応しい精悍な姿をしています。
猛禽02


 ハヤブサはタカ科ではなくハヤブサ科ハヤブサ属に分類されます。 スズメ・ハト・ムクドリ・ヒヨドリなどを空中で捕獲します。 体長はオスが38~45㎝、メスが46~51㎝でオオタカよりも一回り小型です。

猛禽03
珍しくハヤブサがとまっています。 高圧鉄塔にとまっている姿は稀に観かけますが、この距離で観たのは初めてです。
猛禽04

猛禽05
オオタカに引けを取らない精悍な表情をしています。

猛禽06


 ノスリはタカ科ノスリ属に分類され、昆虫・節足動物・両生類・爬虫類・鳥類・小型哺乳類を捕獲します。 体長は50~60㎝位でやはりメスの方が大きくなります。 大きさ的にはオオタカとほぼ同程度の筈ですが、迫力的にちょっと…。

猛禽07
近頃、上空を舞う姿をよく目にします。
猛禽08
下面が全体に白っぽいので、比較的見分けやすい猛禽だと思います。
猛禽09

猛禽10
運よく目立つ樹上にとまってくれました。





猛禽21
顔がのっぺりして、体の色も白っぽいので、タカという名を聞いたときに思い浮かべる精悍さとはいささか異なり、ややフクロウ的かなと思いますが、今回の中では最もオオタカに近い存在ということになります。

 ミサゴはミサゴ科ミサゴ属に分類され、体長は54~64㎝です。 主に魚類を食べますが、爬虫類・鳥類・貝類を食べることもあるそうです。
 前回、魚の捕獲に成功したシーンを載せましたが、実際には失敗する方が多い印象です。 着水する前の姿勢を撮れなかったので、しつこく挑戦していたら、見事に失敗してくれました。

猛禽22
もっと前からシャッターを押したつもりなんですが・・・、着水前のコマはこれ1枚だけ…。 いつどこへ飛び込むかを教えてくれ~~。
猛禽23
水飛沫が小さいと思ったら…、
猛禽24

猛禽25

猛禽26
やはり失敗!
猛禽27

猛禽28
空しく上昇します。

 もう少し前から、もう少し大きく! 今シーズンはこれを目指します。 所詮は運次第なのですが…。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/28(土) 23:41:49|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミコアイサの換羽 | ホーム | ミサゴの季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/630-6da95202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR