つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

ミサゴの季節

 毎年この頃になると、近郊の大きな池でミサゴがダイビングする姿が、よく観られるようになります。 このところ上空を飛ぶミサゴの姿が観られるようになってきたなと思っていたら、やはりやってくれました。

ミサゴ01 (1)
途中で大きな魚をぶら下げたミサゴを見かけたので、時々上空を注意しながら歩いていると、二羽のミサゴが上空を舞っています。
ミサゴ01 (2)
盛んに水面を見つめながら飛んでいるので、やる気満々のようです。
ミサゴ01 (3)
どんなにやる気があっても、ある程度浅い場所に大きな魚影が見つからなければ、漁のしようがありません。
ミサゴ01 (4)
急降下しています。 やってくれ! どこへ飛び込む? 緊張感が走ります。

 水飛沫が上がるのを観て、慌ててそこへカメラを向けます。 ピント合わせまでをいかに素早く行うのかが、勝負です。 距離は手頃です。 「ナムサン!」 このチャンスは逃せません。

ミサゴ01 (5)
あとは手振れを抑えて、連写するだけです。 何とか画面に入っているような・・・???
ミサゴ01 (6)
ミサゴはカワセミと違って脚から飛び込むので、飛び立つまでには少し時間がかかります。 ぎりぎりセーフだと思いますが・・・???
ミサゴ01 (7)

ミサゴ01 (8)

ミサゴ01 (9)

ミサゴ01 (10)

ミサゴ01 (11)
やれやれ、魚を持っているようです。 漁は成功です。
ミサゴ01 (12)
まずまずの大物です。
ミサゴ01 (13)
ミサゴは悠然と飛び去ります。 せっかくの獲物を落とすなよ!
ミサゴ01 (14)
一気に上昇!
ミサゴ01 (15)

ミサゴ01 (16)
そのまま飛び去りますが・・・、
ミサゴ01 (17)
反転して戻ってきます。
ミサゴ01 (18)
この方向にねぐらがあるのでしょう。

 ミサゴが漁をする場所ならば、ダイビングを観る機会は割とありますが、あまりに距離が遠かったり、降下途中で中止したり、漁に失敗したり、獲物を途中で落としたり、カラスなどに横取りされたり・・・。 これまで散々煮え湯を飲まされてきました。 今年は最初から運が良すぎます。 このまま強運が続くことを祈るばかりです。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/18(水) 20:11:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猛禽類4種 | ホーム | 初冠雪の朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/629-8279bd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR