つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

初冠雪の朝

 1月15日は名古屋ではこの冬の初冠雪の日となった。 老体にはいささかきついが、せっかく来たオガワコマドリの動きを確認しなければなるまい。 これまでの挙動を観ている限りでは、積雪の上を動き回ることはあまり期待できそうにもない。 しかし現実というのは、しばしば私の想像を超えることもある。 何はともあれ、防寒衣装に滑り止めの付いた長靴を履いて9時前に出かけた。
 時刻的には満潮を過ぎた頃で、水位はかなり高い。 その影響もあって、雪のない部分が思ったよりも多い。 10人程度の観客がすでに到着して、地面を覗き込んでいる。 どうやら空振りではなさそうだ。 待つほどもなくオガワコマドリが現れた。 予想通りに雪が解けた黒い地面を歩いている。 わざわざ残っている雪の上を歩くことはなさそうだ。 しかし移動途中で何が起こるかはわからない。 そう言い聞かせて姿を追い続けた。 その想いはわずかな時間ではあったが、かなえられた。

オガワコマドリ01
雪上に現れたオガワコマドリ。
オガワコマドリ02
一応こちらを向いてくれた。 ラッキー!
オガワコマドリ03

オガワコマドリ04
おまけに飛び姿まで!
オガワコマドリ05

オガワコマドリ06
水を含んで固くなった場所では、普通に歩く。
オガワコマドリ07

オガワコマドリ08

 これならば満足すべきだろう。 せっかく来たのだから、いつものコースを一周して戻ることにする。





ユリカモメ01
最近、数を増したユリカモメが、集まってきた。
ユリカモメ02

ユリカモメ03

ユリカモメ04
換羽を終えて、少しずつ求愛行動を始めたコガモも、さすがに寒そうにしている。
ユリカモメ05
どんな時でも、スズメたちは元気そうだ。

 お馴染みさんの多くは、この程度の雪はあまり気にせず動いている。 しかし満潮で雪が少ないので、雪との組み合わせは難しい。 無理をしてもパッとした絵にはなりそうもないので、あっさりと引き上げた。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/16(月) 20:46:53|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミサゴの季節 | ホーム | 今年も来たコイカル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/628-0dbc21b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR