つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

クロハラアジサシ乱舞

 クロハラアジサシは、日本では旅鳥です。 旅鳥と聞くと、遥か北と南の繁殖地と越冬地を移動して、春と秋のごく短い期間に中継地としての日本に立ち寄ると想像しがちですが、この鳥は少し変わっています。 繁殖地はヨーロッパ南部・中央アジア・アフリカ・南アジア・中国東北部・オーストラリアと点在しています。 必ずしも寒冷地というわけではありません。 この内、北方で繁殖した個体は、冬季は南下して、アフリカ・インド・オーストラリアなどで越冬します。 日本では5~10月に各地で観測されるのですが、数は多くありません。 我々が旅鳥と聞いて思い浮かべるイメージとはかなり違っています。

クロハラアジサシ01
久しぶりに、上空を10羽ほどのアジサシが飛んでいます。
クロハラアジサシ02
ここでは夏場に時折アジサシを見かけるのですが、最初に調べて、ここのアジサシはコアジサシだと決めつけていました。 なかなか近くでゆっくり観察できる鳥でもないので、まだコアジサシがいたのだなと、いささか驚きながら撮影していると、近くにいた人がさかんにクロハラアジサシだと言っているのが耳に入ってきました。 曇りがちで、訪問時間も遅かったので、パッとした写真も撮れませんでしたが、帰宅して調べてみると、どうやらその通りのように思われます。

 調べてみて、最初にヒットした写真は夏羽のものでした。 頭頂部や胸は黒く、名前に相応しいものですが、私が観たものはずいぶん白いのです。 違う!? いやいやこの時期だから冬羽になっているのかも・・・・。 冬羽では頭から腹は白く、後頭部と目の後ろに黒斑があります。 なんだか、ユリカモメやズグロカモメの変化と似ています。 クロハラアジサシで間違いないでしょう。
 もっと天気のいい日に通ってみましょう。 そして3回目。

クロハラアジサシ03
素早いので、飛翔写真は意外に苦労しましたが、夏羽から冬羽に換羽途中のクロハラアジサシです。
クロハラアジサシ04

クロハラアジサシ05
近くに飛び込んでくれ! 普通は通じない甘い期待が通じて、比較的近い場所で低空飛行に入ってくれました。
クロハラアジサシ06
行け~!!
クロハラアジサシ07
オッ!!
クロハラアジサシ08
ダイビング!!
クロハラアジサシ09
残念ながら魚は銜えていませんが…。
クロハラアジサシ10
クロハラアジサシは動物食ですが、魚専門ではなく、昆虫なども食べます。 水中の餌を捕食する場合は、水面を嘴で掬うようにして食べるのが普通で、小魚を捕食するときは水面に浅くダイビングすることもあるわけです。 魚を銜えた写真が撮れずに失望していたのですが、餌獲りに失敗したのかどうかは、実はよく判らないようです。 いずれにしろ、魚を銜えて飛ぶ姿は、是非とも撮りたいことに変わりないのですが…。






クロハラアジサシ51
撮影場所から近い水面に、看板が立てられているのですが、そこに狩猟中のクロハラアジサシの一羽が舞い降りました。 もっと沖にある棒には、時折舞い降りることがあるのですが、ここに止まる姿は、常連でもほとんど観たことがありません。 今日はどこまでも憑いているようです。
クロハラアジサシ52
換羽が進んで、頭は胡麻塩頭になっていますが、
クロハラアジサシ53
頭や胸にも、夏羽の名残は残っています。
クロハラアジサシ54
一羽が休憩をしていると、別の一羽がチョッカイを出しました。
クロハラアジサシ55
場所を代われと言っているのでしょうか?
クロハラアジサシ56

クロハラアジサシ57

 場所取り合戦だったと思って撮影したのですが、間もなくやってきた知人に見せると、かつて知人が撮影した写真を取り出して、オスがメスに餌を渡したのではないだろうかと言います。 確かに魚を銜えてやってきた一羽が魚をプレゼントしています。 求愛給餌です。 私も納得しかけたのですが、もう繁殖期をとっくに過ぎています。 こんな時期に求愛給餌をするものでしょうか? 数日前まで名前すら知らなかったクロハラアジサシですが、いろいろと興味をそそられる鳥です。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/11(火) 17:35:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよならとおかえり | ホーム | エクリプスの到着>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/602-3409e7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (460)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR