つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

カモメ属の分類

 前回、南知多を訪れて、色んなカモメが来ていることを確認しましたが、難しくて同定しきれないままになってしまいました。今度こそと意気込んでの再挑戦でしたが・・・、やはり難しいというのが結論です。

カモメ属01
干潮位や訪問時期の僅かな差が原因なのか、今回は殆ど砂浜には降りず、突堤にたむろするカモメたち。それでも顔ぶれには大差がないように思えます。

<ユリカモメ>
カモメ属02
小型カモメとしてお馴染みのユリカモメは徐々に数を増しているようです。奥のウミネコと比べると、ずいぶん小さく見えます。そのせいか、このカモメは成鳥になるのに2年しかかかりません。若鳥の見分けにも悩まされることはなさそうです。
カモメ属03
藤前干潟で見かけたズグロカモメが混じっていないかと探しましたが、(我々には)見当たりません。ここは砂浜なので、ズグロカモメの好物のカニも少ないのでしょう。ここでは小型で薄い青灰色のカモメはユリカモメと決めつけても良さそうです。
カモメ属04
これまであまりこの鳥に好感を持っていたわけでもないのですが、大きなカモメを見慣れると、目の後ろの黒いシミもなんとなく可愛く見えます。

<ウミネコ>
カモメ属05
中型カモメで、本州では唯一の留鳥のウミネコですが、今回は何故か成鳥の姿が少なかったように思われます。角度のせいもあって、奥のユリカモメよりさほど大きく見えませんが、成鳥になるのには4年ほど要します。
カモメ属06
成鳥は黄色い嘴の先端が赤と黒になるので、見分けに困ることはないでしょう。
カモメ属07
前回も書きましたが、ウミネコは成鳥になっても尾に黒い帯が残るので、飛んでいても比較的見分けやすいカモメです。
カモメ属08
しかし若鳥の期間が長く、毎年姿が変わるので、他の中型カモメがいる場合には、かなり悩まされることになるでしょう。
カモメ属09
ウミネコの若鳥で間違いなさそうです。 奥にいるのはオオセグロカモメの若鳥です。
カモメ属10
嘴の先端が黒くなっているので、かなり成長した若鳥だと思います。
カモメ属11

 ここまでは比較的見慣れたカモメなので、まあまあ大丈夫だと思うのですが、問題は大型カモメです。




 前回は匙を投げてしまったセグロカモメとオオセグロカモメの見分けです。帰宅して調べ直してみても、確実なのは背中の色が黒っぽいのがオオセグロカモメ、薄いのがセグロカモメということに尽きそうです。色彩というのは単純明快で簡単そうに思えるのですが、日照条件や明るさによって、ずいぶん変化するものです。写真を撮影する場合は、現場の条件によって露出の補正を行ったりするので、大量に撮影して、あとで写真で判断しようとすると、ずいぶん悩まされることになります。二羽が並んでいてくれれば、それなりには判断もできるのですが、相手はこちらの望むようには行動してくれません。

<オオセグロカモメ>
カモメ属51
手前のユリカモメ、ウミネコと比較すると大型カモメの大きさが判るでしょう。奥はオオセグロカモメだろうと見当がつくのですが、手前は???
カモメ属52
ネットで参考にした記事には、オオセグロカモメはウミネコよりも色が濃く、セグロカモメはウミネコよりもずっと薄いと書かれています。ちょうど手前にウミネコが写っていますが、二羽の手前の方はオオセグロカモメで間違いないでしょう。
カモメ属53

カモメ属54
問題のもう一羽です。目の周りが黒っぽいこと、嘴の様子などから、成鳥直前の若鳥かなと思います。

<セグロカモメ>
セグロカモメとオオセグロカモメは大きさ的にも大差なく、目の周りに斑点が集中する傾向があるなどの違いも書かれていますが、同時に個体差が大きいとも書かれています。今回撮影した写真を見比べてみても、個体差というのは大きく、若鳥の成長過程も考えると、断定する勇気は出てきません。
カモメ属56
これはプラス補正をかけて撮影したような気がしますが、それでもやはりセグロカモメでしょう。
カモメ属57
これも成鳥なのか、直前の若鳥なのか・・・???

 やはり若鳥の判定までには、まだまだ慣れが必要と悟りました。以降は、どちらかの若鳥ということでお茶を濁しておきます。

カモメ属58
オオセグロカモメだとのご指摘をいただきました。
カモメ属59

カモメ属60

 始めはちんぷんかんぷんだった物も、何度も観ている間に、一目で見分けられるようになるものです。カモメをマスターするには、まだまだ時間がかかりそうですが、衰えゆく脳細胞には絶好のご馳走でしょう。

スポンサーサイト
  1. 2015/12/18(金) 22:48:27|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<潜水するカモ集合 | ホーム | 漁港の喧噪>>

コメント

まずウミネコ

2.奥はウミネコ
9.ウミネコとオオセグロカモメ
10.ウミネコ
11.ウミネコ
12~15.オオセグロカモメ
16.ウミネコ
17.セグロカモメ
18.セグロカモメ
19.オオセグロカモメ
20~21.写真からは不明
  1. 2017/03/15(水) 13:57:35 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #m6pSOb.I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tono4019.blog.fc2.com/tb.php/516-7a3c73d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (452)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR