つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

オオタカ:巣立ちの時

 6月22日:そろそろ巣立ちの時を迎えそうです。まだいるかな?と訪れてみると、まだ巣の中にいます。葉が茂ってきて、見通しが一層悪くなってきました。僅かな隙間から、苦しい体勢で覗き込んで、なんとか撮影。

062201.jpg
顔つきも、胸の模様も、ずいぶんオオタカらしくなりました。

062202.jpg
巣立ちはもうすぐでしょう。中津川へ行っている間に、巣立ってしまうかも。

 6月25日:まだ残っているでしょうか? なにはともあれ、少し早めの時間に出かけてみました。
 到着すると、やはりカメラマンの姿がありません。どうやら巣立ってしまったようです。でも、まだ巣の付近に戻ることもあるでしょう。周辺をブラブラと2周ほどしていると、やっと望遠鏡を持った人と出会えました。早速尋ねてみると、昨日、2羽が巣立ったということです。・・・ということは、まだ一番小さな子が残っているということ? 巣の少し上にいると言って、指さしてくれた先に目を凝らすと、いました! いました!
 でも、撮影は一層困難になっています。暫く待って、相手が動いてくれるのを待ちましょう。
 と思った途端に、少し離れた場所から影が飛んで、私の頭上の枝にとまったではありませんか。間違いなくオオタカです。なにはともあれ、カメラを向けます。

062501.jpg
あとで考えると、どうやらこちらは親鳥のようです。この後、少し向こうに飛んで、さかんに子供を呼んでいました。

062502.jpg
親鳥に気をとられている間に、雛も近くの枝に飛んできたようです。

062503.jpg
残念ながら逆光になりますが、場所は悪くありません。

062504.jpg
隙間を見つけて、死にものぐるいの撮影です。


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/06/25(火) 16:43:47|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイカモ

 うだるような暑さに、涼を求めて、バイカモを観に行くことにしました。
 バイカモはキンポウゲ科の多年草で、水中で梅に似た花を咲かせる姿は、いかにも涼しげです。15度程度の水温を好み、水温が25度を超えると、生育できなくなるといわれます。まさしく清流で育つ花です。
 といっても、場所は中津川市役所、ビオトープ周辺よりも、さらに暑い場所です。幸い、薄い雲が広がり、水面を吹き抜ける涼しい風があったので、少なくとも熱中症の恐れはありません。目だけでも、涼しさを満喫しました。

バイカモ12
渓流にそよぐ白い花。思っていたよりも、沢山咲いています。

バイカモ21
茎を伸ばして、水面から顔を出して咲いています。

バイカモ21

バイカモ24
水流に流されて、水中で咲いているものもあります。

バイカモ26
これでは、花粉を受け取ることが出来ないのではと、心配になりますが、無性生殖も含めて、様々な方法で、繁殖できるように工夫しています。

バイカモ31

バイカモ33

バイカモ37
梅と似ているかどうかはともかく、シンプルで可愛い花です。



  1. 2013/06/18(火) 13:57:21|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大きくなったね

 オオタカの雛を観てから、一週間が経過しました。そろそろ色も茶色くなっているだろうと、出かけてみてビックリ! 羽が褐色になっているどころか、図体も見違えるほどでかくなっています。顔つきも、もう猛禽類の風格が漂ってきました。その成長の早さには驚くばかり。もう一週間もしたら、巣立っているかもしれません。

ootaka01_20130613174341.jpg
身体が大きくなったので、3羽揃って見えることも増えました。

ootaka02_20130613174343.jpg
奥では羽ばたいています。鄙の羽毛を落としているのだとか。

ootaka03_20130613174346.jpg
木の葉越しに観れば、もう親と見間違いそう。

ootaka04_20130613174349.jpg
親の帰りを待つ鄙。

ootaka05_20130613174351.jpg

ootaka06_20130613175036.jpg

ootaka07_20130613175038.jpg
巣立ちの日は、もう近そうです。

ところで、カルガモやバンはどうなったのでしょうか?

続きを読む
  1. 2013/06/13(木) 17:55:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サンコウチョウ巣作り

 私たちにとって、今年一番観たかった野鳥が、サンコウチョウです。オスの長い尾羽と青いアイリングは、テレビでよく観るフウチョウをも連想させます。
 例によって、岡崎に行った折に、繁殖地の幸田を訪れるのも、これで三度目。そろそろ証拠写真くらいは撮りたいものです。すでに巣作りも終盤に入ったようです。ターゲットも絞れて、待つこと暫し、雌と雄が交互に現れてくれます。超ラッキー!
 あいにく暗いので、コンパクトカメラでは、飛んでいる姿はすべてブレブレで、ゴーストのようになってしまいましたが、巣にとまっている姿は、曲がりなりにも撮れて、大満足です。明るい状態でチャレンジすれば、もう少しなんとかなるでしょうか?

サンコウチョウ12
前回までは、影もなかった巣が、ほぼ出来上がり、仕上げの段階に入ったようです。

サンコウチョウ19
待望のオスです。長い尾とブルーのアイリング。美しい!

サンコウチョウ21
今日は、オスも大活躍! 何度も現れては、せっせと巣作りに励んでくれました。

サンコウチョウ26

サンコウチョウ36
当然、メスは頻繁に現れましたが、地味な分、撮影は難しいようです。

サンコウチョウ39
尾羽も短く、色調も地味になります。

サンコウチョウ41
なにはともあれ大収穫。これからも、折あるごとに訪れてみましょう。


  1. 2013/06/06(木) 23:38:20|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオタカの子育て

 毎年、オオタカが営巣するという場所は知っていたが、念のために立ち寄ってみると、カメラの砲列が出来ている。後ろから覗き込んで、尋ねてみると、やっと巣のありかが判った。鄙らしき影が動いているらしい。なにはともあれ、目一杯の望遠で、シャッターを切り続けた。
 手前に枝や葉っぱがあるので、見にくいしピント合わせも大変だが、そういう場所だから、オオタカも安心して巣を作ることが出来るのだろう。画像を確認すると、思ったよりは、いくらかマシに撮れているようだ。

ootaka01.jpg
周囲に目を光らせている親鳥。

ootaka02.jpg
手前から、餌をねだる鄙が頭を出した。(以上、5月31日撮影)

 もう少し撮影しやすい場所はないかと、6月4日に出直してみた。所詮は、ちょっとした隙間から覗き込む形になるので、手前に障害物なしというわけにはいかない。少し動くと、見えなくなってしまうので、なかなか疲れる撮影になる。

ootaka03.jpg
なにはともあれ、親子のツーショット。

ootaka04.jpg
親は向こう側の小さな雛に餌を与えているらしい。右側の子が一番成長の良い鄙らしい。

ootaka05.jpg

ootaka06.jpg
鄙はサイズが小さいので、ピント合わせは一層困難だ。

ootaka07.jpg
左に見えるのは親の背中。まだ向こう側の雛に餌を与えているようだ。


続きを読む
  1. 2013/06/06(木) 23:02:26|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメシャガの渓流

 どうやら天気が保ちそうなので、久しぶりに付知川の支川を訪れることにした。秘かに期待していた哺乳類は姿を見せないが、野鳥の鳴き声や蝶の姿が増えた。様子を観ようと、途中で小休止。

himesyaga01.jpg
滝の飛沫も、気持ちよい季節になった。

himesyaga02.jpg

himesyaga03.jpg
ヒメシャガが、いっぱい咲いている。

himesyaga04.jpg

himesyaga05.jpg


続きを読む
  1. 2013/06/03(月) 17:58:06|
  2. 東濃分室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリンソウ咲く頃

 やがて終点付近に到着した。予想通りにクリンソウが咲いている。盛りをやや過ぎた感もあるが、まだまだ見頃である。

kurinsou01.jpg
水辺で咲くクリンソウ。

kurinsou02.jpg

kurinsou03.jpg
ちっぽけな花だが、クルマムグラも好きな花である。

kurinsou04.jpg

kurinsou05.jpg
シンプルで清楚な感じのコケイラン。

kurinsou06.jpg

kurinsou07.jpg
そして、再会できたサルメンエビネ。

kurinsou08.jpg


続きを読む
  1. 2013/06/03(月) 17:56:13|
  2. 東濃分室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (445)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (26)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR