つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

カワセミ2017

 今年は山崎川でもカワセミの姿を見かけることが極端に少ない年でした。 山崎川に限らず名古屋周辺でも同じような傾向が観られたように思います。 時折見つけて、これまでの経験から、この程度離れていれば逃げないだろうと思われる場所でカメラを構えても、すぐに見つけて飛び立ってしまいます。
 私が散歩コースにしている山崎川では、毎年二組の番が繁殖を行っていると思われますが、これはずっと変化がないようです。 餌の量や広さから言って、この区間では二組の親子を養うのが限界だということなのでしょう。 例年ならば胸の黒い幼鳥が現れる頃になっても、一向に姿を観かけず、どうしたんだろう?と心配する日々が過ぎました。 それでも9月後半になると、カワセミの姿を見かけることが増えてきました。 ほっとしながら眺めていると、不思議なことに気付きました。 上下流二つのテリトリーには、それぞれ三羽のカワセミが出没しているように思われます。 そしてまだ巣立ってそれほど時間が経っていないように見える幼鳥が混じっています。 たぶん成鳥のオスとメス、幼鳥一羽という組み合わせのように見えます。 ひそかに期待していたオス同士の争いも見られず、それなりに穏やかな日々が続いていきます。

カワセミ01
一番よく目に触れるのは幼い幼鳥です。 まだ枝にとまるのも不安なようで、コンクリートやブロックにとまるので、眼の悪い我々にも簡単に見つけられます。 必然的にこの個体を撮影することが多くなりました。
カワセミ02
珍しく、いわゆるお立ち台の枝にとまりました。背景にカルガモの群れを従えて、パチリ!
カワセミ03
羽繕いに余念がないようです。
カワセミ04
少し上流にあるデッキの支柱に現れました。
カワセミ05
飛び込みを期待して待っていると、やっと飛び立ちました。
カワセミ06
コンデジには少し暗すぎるので、かなりブレブレですが、突入の瞬間です。
カワセミ07

カワセミ08

カワセミ09

カワセミ10


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/10/21(土) 16:06:51|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サギの幼鳥

 夏の間は騒々しかったサギ山も、さすがに9月になると静まり返り、やがてサギ達の姿は消えます。 山崎川では一年中サギの姿が消えるということはありませんが、折々に数は増減を繰り返し、秋口には幼鳥と思われる姿も混じってきます。 どこかで巣立った今年生まれた幼鳥なのでしょう。 サギに限らず動物食傾向の強い鳥では、動き回る獲物を捕獲する技術を巣立ち前に完璧にマスターすることは不可能でしょうから、独り立ちしてから試行錯誤しながら生き残る術を身に着けていくしかありません。 幸か不幸か被写体の少ない時期に撮った写真の中から、そんな悪戦苦闘の一コマと思われるシーンを拾い出してみました。

アオサギ01 (1)
夏の後半から、冴えない色彩のアオサギを見かけるようになります。 成鳥に比べて薄い色彩の野鳥はほぼ幼鳥と考えて間違いなさそうです。 ヨシ原でまだ頭頂部が白くないアオサギが休んでいます。
アオサギ01 (2)
折しも繁殖期で、トンボたちが近くを連結したり単独で飛び回っています。 と思ったら「バシン」という大きな音がしました。 見るとアオサギの幼鳥が何かを銜えているようです。 ズームしてみると、予想通りにギンヤンマを捕らえたようです。
アオサギ01 (3)
交尾や産卵に夢中になっているトンボは水際で比較的ゆっくりと行動するので、狩人にはもってこいの標的になりがちです。
ゴイサギ01 (1)
ゴイサギの幼鳥であるホシゴイが何かを銜えています。 ズームしてみると、流されてきた枝のようです。遊んでいるようにも見えますが、食べられるかどうかを確認しているのかもしれません。  カワセミの幼鳥も、小枝や小石を銜えている姿を時折見かけるので、たぶん今年生まれた幼鳥だと思いますが…。
ゴイサギ01 (3)
ゴイサギはホシゴイと呼ばれる姿で2~3年を過ごすので、こちらは幼鳥と呼ぶべき段階なのか、若鳥と呼ぶべき段階なのかわかりませんが、成鳥よりも強そうに見えます。
ゴイサギ01 (4)

ゴイサギ01 (5)



続きを読む
  1. 2017/10/15(日) 18:25:34|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏鳥が去る季節

 夏鳥と呼ばれる野鳥は、春から夏にかけて日本で繁殖し、秋になると東南アジアなどの温暖な場所に渡って越冬します。 しかし日本で繁殖するといっても、多くは気候や餌確保の関係からか、山間部で繁殖行動を行い、名古屋周辺の平地部で繁殖するのは、ツバメなどのごく限られた野鳥だけになってしまいます。 私のような現在遠征を控えている人間にとっては、春と秋のごく限られた期間にしか観られない旅鳥的な存在です。 今年も年2回の貴重な季節がやって来たようです。

コサメビタキ01 (1)
コサメビタキはヒタキ科サメビタキ属の夏鳥で、フィールドでは一番多く観られます。 スズメはもとより、仲間のサメビタキ・エゾビタキに比べても小柄なのですが、胸の白さがかなり目立つので、割と目立ちます。
コサメビタキ01 (2)
目の周りに不明瞭な白いアイリングがあり、体の大きさの割に目が大きめで、可愛らしい印象を受けます。
コサメビタキ01 (3)

コサメビタキ01 (4)

コサメビタキ01 (5)


ノビタキオス01 (1)
ノビタキはツグミ科ノビタキ属の夏鳥で、やはり私のフィールドでは比較的よく観られます。
ノビタキオス01 (2)
もうほぼ冬羽になっていますが、オスは冬羽でも頭や喉が黒いので、オスメスの見分けは容易です。
ノビタキオス01 (3)

ノビタキオス01 (4)

ノビタキオス01 (5)
今日見かけたのはオスが一羽だけでしたが、例年ならば数羽でそれなりの期間留まってくれるはずです…。

 ムシクイの仲間やオオルリ・キビタキなども現れてはいるのですが、なかなかまともに撮影させてくれません。


  1. 2017/10/11(水) 18:37:36|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツバメの旅立ち前

 今年はツバメのヒナの成長を追いかけてきたのですが、巣立って10日間程度を過ぎると、それなりにうまく飛べるようになり、やがて散歩道では姿を見かけなくなりました。 色々な記事によると、巣立ったばかりのツバメ同士で集団生活をして、餌を獲る技術を磨き、秋になると越冬地である台湾や東南アジア方面へ旅立って行きます。
 まだ冬鳥の姿もほとんど見当たらないので、久しぶりに訪れた池の畔を歩いていると、夥しい数の小鳥が騒いでいます。 スズメでもなさそうです。 どうやら正体はツバメのようです。 集団ねぐらと呼ぶほどのものかどうかは判りませんが、今年生まれたツバメの集まりであることは間違いないでしょう。

ツバメ01 (1)
普通は河原のヨシ原が集団ねぐらに選ばれるようですが、ここではセイタカアワダチソウらしき背の高い草にツバメが群れています。
ツバメ01 (2)
近寄ればすぐに飛び立ってしまいますが、少し時間が経てばまた戻ってきます。
ツバメ01 (3)

ツバメ01 (4)

ツバメ01 (5)


続きを読む
  1. 2017/09/21(木) 20:57:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソシギ

 シギの仲間は、日本では春と秋の渡りの途中で立ち寄る旅鳥が多いのですが、イソシギは通年水辺で観られる留鳥です。 山崎川でもイソシギは時折見かけるのですが、繁殖が終わったと思われる8月後半に見かける機会が多いようです。 大きさはスズメとムクドリの中間程度で、尻尾を頻繁に動かしながら腰を上下に振るように歩く姿が印象的です。

イソシギ01
珍しく二羽で姿を現しました。 あまりの暑さに水浴びにやって来たようです。
イソシギ02

イソシギ03

イソシギ04

イソシギ05

イソシギ06

イソシギ07


続きを読む
  1. 2017/09/16(土) 16:16:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (452)
風景 (40)
植物 (48)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR