FC2ブログ

つれづれ写真館

植物や動物の生き生きした姿を撮せると良いですね

秋の海辺

 残暑のせいか、十月に入っても鳥の出は芳しくない。 やむを得ず、いつもの海辺に出向いたが、こちらも鳥の姿はまばらだった。

<知多の海>

aki01_201810182126388e8.jpg
一か所だけ、岩礁にカモメらしき姿が群れている。
aki02_201810182126408df.jpg
予想通りに殆どはウミネコらしい。
aki03_20181018212641169.jpg

aki04_20181018212643701.jpg

aki05_20181018212644eef.jpg

aki06_20181018212702e5b.jpg

aki07_2018101821270444d.jpg

aki08_20181018212705ff3.jpg
さすがにユリカモメは来ているが、まだ数は少ない。
aki09_201810182127078fc.jpg

aki10.jpg
漁港に近い場所では、お馴染みのトビが舞っている。
aki11_2018101821402869a.jpg

aki12_201810182140297a3.jpg

aki13_20181018214030098.jpg

aki14_2018101821403209e.jpg
それに混じって現れたアオサギの群れ。
aki15.jpg

aki16.jpg
久しぶりに姿を見せたイソヒヨドリ。
aki17.jpg
干潮時にシギチが現れる場所では、今回はキアシシギがやってきた。
aki18.jpg




続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/10/18(木) 22:23:03|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルガモ:子育て終了

 異常気象の続くこの夏に、ずるずると続けてきたカルガモの子育てもどうやら終了したようです。
 山階鳥類研究所によるとカモ類は最初の冬を迎えるまでに計4回の換羽を行います。 それぞれ第1幼綿羽→第2幼綿羽→第1幼羽→第2幼羽と呼ばれ、第2幼羽が第1回冬羽に相当します。 この内、前の3回が完全換羽というのも驚きです。
 今年はこれまでに3回に亘ってカルガモの子育てをアップしてきましたが、これを換羽に当てはめれば概ね1・2回目が第1幼綿羽、3回目が第2幼綿羽ということになりそうです。 今回分はたぶん第1幼羽の時期です。

カルガモ01
孵化後一か月辺りまでは身体のサイズはそれなりに大きくなっていましたが、背中の模様などはヒナっぽい面影を残していました。 それがこの頃から急速に大きくなり、外観の印象も成鳥のカルガモらしく変貌します。
カルガモ02
羽毛が盛んに生え変わっているのでムズ痒いのでしょう。 盛んに水面をのたうち回ります。 翼もわずかに伸びたようです。
カルガモ03

カルガモ04
体表も毛羽立って、貧相な印象を与えます。
カルガモ05
顔も背中もカルガモらしくなってきました。
カルガモ06

カルガモ07

カルガモ08

カルガモ09
9月に入ると、変化も少しばかり落ち着いてきました。
カルガモ10
家族揃って憩うカルガモ一家。 親子の大きさも遠くからでは見分けが困難になってきました。
カルガモ11
向かって右側が母親、左側が子供です。
カルガモ12
翼もずいぶん大きくなってきました。
カルガモ13
ツバメの項でも触れましたが、鳥の羽毛は羽鞘と呼ばれる鞘の中で作られます。
カルガモ14
翼の羽鞘は大きいのでよく目立ちます。 何となくあばら骨のようにも見えますが…。


続きを読む
  1. 2018/10/06(土) 22:24:11|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れる秋

 もう9月も終わろうとしているが、来るべきはずの野鳥の姿は一向に現れない。 残暑厳しき折、遅れているだけならばいいのだが…。

イカルチドリ01 (1)
イカルチドリは三羽がすっかり定着した。 暑さがぶり返すと盛んに水浴びを繰り返す。
イカルチドリ01 (2)

イカルチドリ01 (3)

イカルチドリ01 (4)
イソシギもほぼ定着したが、数はもう一つ安定しない。
イカルチドリ01 (5)
カイツブリはどうやら二羽が定着したようだ。
イカルチドリ01 (6)
最初に現れた幼鳥は、どうやら縞模様もほぼ消え、順調に成長している。
イカルチドリ01 (7)
遅れて現れたもう一羽は、より成鳥に近い姿になっている。
イカルチドリ01 (8)
私にとってこの鳥は見飽きた存在なのだが、こうして翼を広げる姿は珍しい。
イカルチドリ01 (9)

イカルチドリ01 (10)

イカルチドリ01 (11)

イカルチドリ01 (12)
バンも二羽に増えた。
イカルチドリ01 (13)

イカルチドリ01 (14)
最初に現れた幼鳥。 こちらも順調に成長しているようだ。
イカルチドリ01 (15)
ほぼ成鳥の外観になっているが・・・。
イカルチドリ01 (16)
暑さが堪えるのか、腹を水に漬けているアオサギ。
イカルチドリ01 (17)
それでも大きな獲物を捕らえた。
イカルチドリ18
カワセミの姿はそこそこ見かけるのだが、ここ数年警戒心が強くなったのか、すぐに逃げてしまって、ゆっくり写真を撮らせてくれない。


続きを読む
  1. 2018/09/26(水) 22:31:53|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ガモの成長:カルガモ

 カルガモのヒナたちも、当初に比べるとずいぶん大きくなり、愛くるしさは少しずつ欠けるようになってきました。 しかし猛暑の時期には近場ではこれといって追いかけたい鳥もいないので、何となく追いかけるような結果になりました。

カルガモ01
お盆休みの喧騒も終わり、さしもの猛暑も一段落した頃、ヒナの登場から数えて20日間ほどの日時が経過しました。 しょっちゅう見ているのであまり感じてもいなかったのですが、ヒナたちは一回り大きくなっています。 脚力もずいぶん向上し、この程度の坂道は楽に上り下りできます。
カルガモ02

カルガモ03

カルガモ04
採餌に関わる行動も一通りマスターしたようです。
カルガモ05
通常の採餌ポーズ。
カルガモ06

カルガモ07
必要ならば、潜水もできるようになっています。
カルガモ08
少し深い場所の餌を食べるための逆立ちポーズ。
カルガモ09
まだ貧弱ですが、翼も少しずつ伸びてきました。
カルガモ10
水中からのジャンプも迫力を増してきました。
カルガモ11
お見事!


続きを読む
  1. 2018/09/04(火) 15:36:46|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋への兆し

 記録的な猛暑はまだ続いていますが、それでもさすがにお盆を過ぎるとピークは過ぎたと感じさせてくれます。 真夏の平地部はもともと野鳥は少なく、遠出もままならない身には苦しい季節です。 予定外のカルガモ親子の出現はあったものの、それ以外はほとんどゼロの日々はいつまで続くのでしょう。 秋の訪れを心待ちにしながら、この夏の小さな出会いを拾い集めてみました。

kizashi01.jpg
今年もバンの子育ては時折見てきましたが、山崎川では繁殖の記録はないようです。 しかし今年誕生して親から自立した幼鳥は、ほぼ毎年やって来ます。
kizashi02.jpg

kizashi03.jpg

kizashi04.jpg

kizashi05.jpg

kizashi06.jpg
水辺を生活拠点にする鳥ですが、意外に水浴びの姿は見かけないのですが、今年の暑さに耐えかねたのか、水浴びを始めました。
kizashi07.jpg

kizashi08.jpg
このまま居ついてくれるものと信じていたのですが、数日間居たものの姿を見かけなくなってしまいました。 そのうちにまた現れるものと信じましょう。

kizashi09.jpg
繁殖時期まではほぼ毎日見かけていたイソシギですが、やはりこの近くでは繁殖しなかったようで、久しぶりに姿を見せました。
kizashi10.jpg

kizashi11.jpg

kizashi12.jpg
こちらもその後姿を見せませんが、いずれ戻ってkるでしょう。

kizashi13.jpg
これも冬場には常駐するカイツブリ。 まだ顔面に縞模様のウリ坊マークが残っています。 親から独立して間もない幼鳥です。
kizashi14.jpg
この時期盛んに交尾しているギンヤンマを銜えています。 魚を捕らえた姿は時折見ていますが、トンボは初めてです。
kizashi15.jpg

kizashi16.jpg


kizashi17.jpg
近頃、ツバメが群れて飛ぶ姿をよく見かけます。 たぶん若鳥が共同訓練をしているのでしょう。
kizashi18.jpg

kizashi19.jpg
9月になれば、ツバメやササゴイは姿を消し、順番に冬鳥がやってくるはずです。


  1. 2018/08/28(火) 23:39:36|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

四季爺

Author:四季爺
いつの間にか後期高齢者になっていました。
まあ肩の力を抜いて、シャッターを切り続けています。
間違って傑作が撮れることもあるかもしれません。動ける限りはチャレンジしたいですね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
野鳥 (515)
風景 (40)
植物 (49)
虫 (27)
哺乳類 (8)
東濃分室 (102)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR